マンガでわかるこんなに危ない! ?消費増税 感想

2019/12/24 10:26:16 | その他 | コメント:-件


武勇伝!武勇伝!レッツゴー!
日本が借金大国宣言!でも貸主日本の国民だった!
武勇伝!武勇伝!
未来の為に消費増税!でも法人税下げて税収変わらん!
武勇伝!武勇伝!ぶゆうでんでんででんでん!
意味はないけれど~ムシャクシャしたから~♪ブログで~全てぶちまける~♪
カッキーン!あっちゃんカッコイイ!


先日、日本の社会問題を調べてたり、動画を見てたら、ちょっと買ってみようと思ったマンガがありました。
それはオリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さんが紹介してた『マンガでわかるこんなに危ない! ?消費増税』ってマンガです。



ストーリーは私立Z学園に通う主人公『高橋あさみ』が、「消費増税は日本を滅ぼす為、絶対にさせてはいけない」と言う信条の元、次々と現れる増税賛成派(大企業、マスコミ、政治家、経済学者達とその子供達)を知識と言葉でボッコボコに返り討ちにしていくって感じです(実際本当に殴りあったりする)


自分は頭悪いうえに飽きっぽいので、小難しい内容だと苦手意識が芽生えて楽しく勉強できないから、『馬鹿は馬鹿なりに馬鹿でもわかる方法で苦手意識を減らして勉強しよう』と言うのを信条にしてます(笑)
なので、まずこれ読んで最低限の知識を知って、それから次の段階を勉強しようかなと。
現在勉強中の英語も馬鹿でもわかりそうな教材とか選んでるし(笑)

ちなみにそのマンガを紹介してた動画はこれ(↓)ね。



ただ、説明はわかりやすいけど、勉強嫌いな人はこっち(↓)を見てからの方がいいかも。



某国民的家族アニメに例えてるのですが、それ故に娯楽的な感覚で見れます(笑)
正に自分みたいな飽きっぽくて理解力の乏しいアホでも楽しく勉強できます。


以下、感想。

あさみの父親は、財務省の元官僚だったんですな。
どうりでやたら経済に詳しいわけだ。
だが、その父は国民の為に動く人だった為、財務省の方針に逆らい、忖度(社会的に抹殺)されて暗殺されてしまったと・・・現実で実際あるだろうから笑えない(汗)

あさみを潰そうとしていた人達も、根っからのクズもいれば、いつの間にか染まってたって人もいます。
そりゃなー、やっぱ人間だから、金や名声を盾に脅されたりしたら、信念も揺らぐわな。
最初はそんなつもりじゃなくて、本気で国を良くしたいと思った人も、結局自分に変える事は無理だと諦めて長いものに巻かれたり(守るものがある人とか尚更)

個人的には大手マスコミの娘の希望原あさみが色んな意味で強いキャラなので好きです。
ってか、「殴るわよ」じゃなくて「ぶつわよ」って言うところがお嬢様って事なんだろうか(笑)
そしてあさみにぶたれて下僕と化した敵達のドMっぷりに噴いた。


日本が借金大国宣言!!(政府の言い分)
でも貸主日本の国民だった!(事実)
未来の為に消費増税!(政府の言い分)
でも法人税下げて税収変わらん!(事実)


正に金持ちを優遇して貧乏人から金を搾取する最悪なシステム(しかも社会保障には2割しか使ってない)
まぁ、お金持ちからすれば、「貧乏人なのは自己責任。嫌ならさっさとお金持ちになればいい」とか、自分達がその貧乏人の下請けのおかげで成り立っている存在だとわかってない事を言うんでしょうけど(ネットでそういう人何人か見かけた事ある)
自己責任って便利な言葉よね・・・・・・政策が失敗してもそれで責任回避できるんだから。

ちなみにこの話を家族や友人や同僚にしたら、やはり皆知らなかった模様。
メディアはさー・・・本当にさー・・・どう考えても駄目男と駄目女の供依存恋愛なのに大物芸能人となると純愛とかほざいたり、やたら白人に日本褒めさせるとかなろう小説みたいな恥ずかしい事したり、日本の借金の詳細を説明しなかったり・・・間違った知識や価値観を広めないで頂けますかね?(怒)
だから皆テレビから離れていくんだよ。
今はいいけど団塊世代がいなくなったらテレビ業界終了だろ。

政府が最悪なのは当然として、国民も疑問に思った事をそのまま放置したら駄目ですな(自分も含めて)
国民がめんどくさがりで他力本願だからこんな事になってるんだし(自分も含めて)
推理ものとかも探偵がふと抱いたちょっとした疑問とか、些細な違和感を追求して真実が明らかになるってのがお約束ですしな(放置すると迷宮入りとか)
個人的に、無知なのは学ぶ機会がなかっただけだし、これから勉強すればいいけど、他力本願は勉強すら放棄するから、後者の方が罪だと思う。
それで誰も不幸にならないならいいけど、実際は滅茶苦茶自分も周囲も不幸にして、一部の狡猾な金持ちだけが幸せになってるし。

あと、このマンガや動画を鵜呑みにするのではなく、自分なりに勉強してどうするかを考えないといけないと思った。
『正解を求める事』が重要なんじゃなくて、『どうすれば皆が幸せになれるかを勉強して考えて自分なりの答えを出し、皆で議論する事』が大事と言うか。
ただ鵜呑みにするんじゃ政府やメディアに言われた事を信じるのと事と変わらんし、それじゃあただの依存ですからな。

ちなみに自分は今年の参院選も市議会選も野党に票を入れたけど、与党に入れてたら今頃後悔してただろうな(汗)
このブログであまり政治の話はしないんだけど、同時にマンガの感想も書くブログだからね!今回は仕方ないね!(笑)


とにかく経済についてわかりやすく説明されているので、入門の参考書として個人的にかなりおススメのマンガです(大物声優を使ってアニメ化したら滅茶苦茶視聴率取れそうな気がする)
作者公認でYouTubeにもUPされているので、マンガ買うのやだって人はそちらがいいんじゃないかと。



ちなみに作者は最初は経済とか無知だったそうですが、消費増税は危険なものだと知ったあと、徹底的に経済の本を何十冊も読み漁ったそうです。
だからここまで詳しいんですな。
作者はTwitterで経済学のマンガも描いているみたいなので、もっと知りたいという方はこちら(↓)

公式アカウント:https://twitter.com/bot80586891

あっちゃんも他にも選挙や歴史、他国についてなど、色んな知識をわかりやすく説明してくれてるので、こちらも結構おススメです。
とりあえず「あっちゃんが暗殺された」と言うニュースが流れない事を切実に祈ります(真顔)


関連記事
スポンサーサイト