ポケットモンスター ソード&シールド プレイ日記②

2019/11/27 17:00:27 | ポケットモンスター | コメント:0件



今回も旅立ちの準備の話。


以下、ネタバレ。





前回、チャンピオンのダンテから相棒ポケモンを貰い、ホップとバトルしました。

今度はポケモン図鑑を貰いに行こうと家の外に出る2人だが・・・、

2019111510553700-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
何事!?(汗)

音のした方へ向かうと、まどろみの森への道を塞ぐ柵が突破されていました。

2019111510554900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ウールー達が体当たりをしていた時点で大人達に報告しておくべきだったかもしれませんな(汗)
ホップにどうするか訊ねられて選択肢ですが、この場合はまぁ助けに行くのが無難かなと。

2019111510560400-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
これはファンタジーだから許されるが、こういった危険区域はガチで危険なので皆さん入っちゃ駄目ですよ(汗)
何かあったら大勢の捜索隊員を出動させなきゃいけないうえに、最悪永遠に戻って来られなくなる可能性があるので(冗談抜きで)

森の中で入ると、辺りは霧で覆われ、獣の咆哮が聞こえて来ました。
しかも進めば進むほど霧が酷くなる一方。

2019111511015800-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ってかさ、これ帰り道わからない状態になってるんじゃないか?(汗)
完全に迷子になってるだろ、これ。

2019111511021000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
って、何かいるーーーーーーーーーーー!!?!?!(汗)

2019111511022400-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
これが今作の伝説のポケモン。
真っ赤なたてがみがカッコイイ。

2019111511025700-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ひとまずバトルになったので攻撃をけしかけますが、不思議な力に阻まれて攻撃がきかない。
おまけに霧は更に深くなっていく。

2019111511030600-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
全然大丈夫じゃない気がするけど大丈夫!
きっと!多分!絶対!
←混乱している

霧は更に深くなり、完全に何も見えなくなりました。

2019111511035000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
う~ん・・・・むにゃむにゃ・・・誰だ、忘年会のめんどくさいらないマナー考えた奴・・・・・・はっ!!
いつの間にか気絶してた!(汗)

そしてダンテが迎えに来てくれました。

2019111511040900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
そ、それはまたご心配をお掛けしました(汗)
ダンテに事情を説明すると、捜索していたウールーを既に保護してくれていた模様。

2019111511042500-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
勝手に禁止区域に入ってしまったのはいかんが、ウールーを助けようと思ってやった行為だから、ダンテはその気持ちまで否定するわけにはいかないと思ったんですな。
ただ、次回から勝手に突っ走るのはいかんですね。
周囲の人達を心配させちゃうから。

2019111511045000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
まぁ、忘れられない出来事である事は間違いないな。
攻撃が一切通じないポケモンなんて滅茶苦茶貴重だし。


森での一騒動が終わり、今度こそポケモン博士に図鑑を貰いに行こうと思ったが、その前に親に出発の報告。
黙って行ったら心配させちゃうし、餞別のお小遣いを貰わなきゃいかんからね!(笑)

2019111511064000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
え?
主人公がメッソンの保護者じゃなくて、メッソンが主人公の保護者なの?(汗)

ってか、まだ小学生(?)の年齢の子供を旅に出すとか、ポケモンの世界って色んな意味でハチャメチャだな。
周囲の大人達が優しいから成り立つんだろうけど。


親への出発の挨拶も終わったし、いよいよ旅立ちです。

2019111511071800-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
よっしゃあ!行くぜ!
始めのいーーーっぽ!
そしてそのままダーッシュ!!


研究所は画面の右上に写っている紫色の屋根の建物なので、すぐ着きました。

2019111511154100-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
わーい!やったー!
ご褒美になんかくれ(笑)

2019111511154700-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ここまで一直線なので逆に道に迷えるダンテが色んな意味で凄いです(汗)

中に入ると1匹のポケモンが出迎えてくれました。

2019111511161200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
可愛いわんこ、もっふもふー!
雷ポケモンのワンパチです。

2019111511162200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
そして美人な女性が2階から声を掛けて来ました。
マグノリア博士の孫ソニアです。
ワンパチはソニアのポケモンで、トレーナー時代のダンテをよく助けてた模様。

2019111511164100-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
犬に何度も助けられる迷子のチャンピオン・・・(汗)

迷子の迷子のダンテ君~♪あなたのお家はどこですか~♪ byワンパチのおまわりさん

名犬ワンパチで物語が1つできそうだね(笑)

2019111511165200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ソニアも昔トレーナーだったらしいので、ダンテとは今の主人公とホップみたいな関係だったんじゃないかと。
その話も個人的に見てみたい(笑)
天然なダンテが道に迷いまくって、ソニアがツッコミを入れながら助けてそうなイメージ(笑)

2019111511165700-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
彼女はダンテと幼馴染なんでしたっけ?
確かに会話は幼馴染特有の親しさを感じるけど。
そんなソニアからポケモン図鑑を貰いました。

2019111511174500-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
わーい!頑張って図鑑埋めるぞー!
だが、過去と同様に途中で挫折する未来しか見えない・・・orz

2019111511175900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
あー・・・まぁ、いつも一緒だった幼馴染にそういった差を見せ付けられると、「自分はこんなんで大丈夫なんだろうか・・・」と不安にはなるわな(汗)
でもダンテはチャンピオンの素質があって、更に努力できる人間だったからなるべくしてなったって感じだし、ソニアもこれから頑張って研究家として花開かせればいいって。
大器晩成型って言葉もあるし、大人と言ってもまだ若いんだし。


図鑑を貰い、ホップにポケモンセンターについて教えてもらったりして、話題は前回出たジムチャレンジの話に。

2019111511275300-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ホップはジムチャレンジに参加したいみたいですが、主人公はその存在すら知らなかった模様。
今まで通りジムリーダーに挑戦し、勝ち抜くとチャンピオンに挑戦する権利が貰えるシステムみたいですな。

2019111511281000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
そもそも推薦って誰にして貰えばいいんだろ?
ポケモンリーグ委員会の関係者とか?


博士の家に行く途中に草むらがあったので、ホップによるポケモンゲット講座。

2019111511303600-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
わぁ、わざわざ教えてくれるの?
ありが・・・、

2019111511304000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
うぉっ!どっから現れたお前!?(汗)
そして大して驚いてない主人公・・・。

2019111511310900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
お前、自分が関わる事にはとりあえずチャンピオンタイムって言っとけばいいって思ってないか?(汗)

とにかうダンテに捕まえ方も教わったので、早速ここら辺のポケモンを全種類捕まえる。
そして気がついたらメッソンのレベルが12になっていた。


一通りポケモンゲットして、ようやく博士の家に着く。

2019111512353700-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
彼女が今作のポケモン博士。
知的で優しそうなマダムですな。
ガラル地方特有のダイマックスの研究家として最先端にいる凄い方です。

家に入り、早速推薦の事をマグノリアに頼むホップ。

2019111512361500-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
やっぱ委員会の人間の推薦じゃないと駄目なのかな?
マグノリアは特に反対する気はないらしく、逆に何故推薦しないのかダンテに訊ねる。

2019111512362500-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
最初は皆そんなもんじゃね?
未熟な状態からの脱却の仕方は人それぞれだと思うし、そんな事言ってたらあっと言う間にポケモンリーグ終わっちゃうぞ。

そしてマグノリアは「いつもと言ってる事違くね?」とツッコむ。

2019111512363200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ガラルの皆で強くなりたいし、最強のチャレンジャーと戦いたいから、どんどんポケモン育てて勝負しろって言ってたねー。
推薦しないのは確かに矛盾してるかも。

2019111512363400-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
忘れてただけかい(汗)
どんだけうっかりなんだよ。


そんなワケで、ダンテが推薦しても大丈夫だと思える様なバトルを見せろと言う話になり、またもや主人公VSホップのポケモンバトル。

2019111512384500-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
む、お前だけじゃないぞ。
主人公様の伝説も始まるんだぜ!


そしてバトル開始。

2019111512385300-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ふっふっふ!今回の主人公は一味違うぜ!

2019111512390800-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
さっきも言ったけど、ここら辺のポケモンを捕まえまくってたので、レベルがホップのポケモンの倍になっていた。
なのでバトルも赤子の手をひねるレベルであっさり勝利。


2019111512395100-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
ヒバニーに対しては言うまでもない。
ごめんね、ヒバニー(汗)

2019111512422200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
主人公様の力、思い知ったか!(どや顔)

冗談はさておき、負けても相手を称えられるホップは大人だな。
この戦いを見てダンテも納得してくれた模様。

2019111512431400-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
よっしゃあ!これでようやく舞台に立てるぜ!

2019111512432800-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
今作はこれがないとジムリーダーに挑戦する事すらできないんですな。
まぁ、誰でも挑戦できたらジムリーダーが過労死しそうだしね(汗)

2019111512440600-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
望むところじゃー!
目指せ!2人で決勝戦!!


そんな感じで盛り上がっていると、

2019111512441900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
上空から流れ星が落ちてきました。

2019111512442200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
地面が全然抉れてないって事は、そんなに高い所から落ちてきたわけじゃないのかな?
どうやらこれは『願い星』というものらしいです。

2019111512443300-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601_20191126195632b8f.jpg
わぁ、ありがとう。
ホップは本当に優しいなぁ。

2019111512443900-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
願いが叶うのかー。
カレーが食べたい!カレーが食べたい!カレーが食べたい!
よし!これで今日の晩御飯はカレーだぜ!(笑)

ホップは当然チャンピオンになりたいと願ってました。
願い星は本気の願いを持っている人のもとへ落ちてくるそうです。

そしてソニアが帰って来て、ご飯を食べていけと誘われました。

2019111512452800-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
わーい!早速叶ったー!(笑)

※ちなみにプレイしてた日とこの記事を書いた日の我が家の晩御飯は本当にカレーライスでした。
我が家のカレーは粉末と固形のカレー粉を使い、結構辛いので自分は生卵を入れて辛さを抑えてます(笑)
唐揚げカレーとかカツカレーも美味しいよね。


翌日、主人公達が拾った願い星を組み込んだダイマックスバンドを用意してくれたマグノリア博士。

2019111512462200-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
願い星がパワースポットに反応してダイマックスするのか。
この願い星って元々何の欠片なんだろ?

2019111512464000-B8FAEF4816CAC2B76D11869B05CA7601.jpg
お前、それ昨日も言ってたぞ。
何回伝説始まってんだ。



続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する