ドラクエ11S プレイ日記 カミュと不思議な相棒編

2019/11/30 18:32:54 | ドラゴンクエスト | コメント:0件


今回はカミュの追加シナリオの話。


以下、ネタバレ。


カミュが目を覚ますと、見覚えのない牢屋にぶち込まれていました。

2019101116443500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
特に主人公の悪運の強さはカミュが一番よくわかってるからね(笑)

脱獄しようにも満身創痍で満足に動けない状態で、どうしたもんかと考えていると「ここは魔物達のアジト」だと背後から声を掛けられる。

2019101116450300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
(ビクゥッ)
いきなりどアップで現れないでくれ!(汗)


2019101116451600-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
まぁ、メダル女学院にも人間と共存する魔物がいたからそれは理解できるとして、そんな魔物が何故ここにいるのか。
魔物は『ホミリン』と名乗り、カミュの怪我を魔法で治し、脱出まで手伝ってくれるそうな。

2019101116461500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
牢屋の鍵も魔法であっさり解除。
ホミリンも捕まった存在ならさっさと脱獄できてたわけだから、カミュと関わる事が目的なんかね?

んで、ホミリンは回復をしてくれて、鍵も開けてくれただけでなく、終いにはカミュの荷物を確保してくれていました。
何て優秀なんだ(笑)
とにかく牢屋から脱出。

2019101116501800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
兵士達に追いかけ回されて、ドラゴンに殺されそうになった挙句、終いには崖からノーロープバンジーをやったアレか。

2019101116502500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
主人公が心配で仕方がないカミュ。
いつも一緒にいるのが当たり前だったし、あんな事があった後だからね。

2019101116503300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
もはやカミュにとって主人公は大切な存在になっているんですな。
まぁ、あんだけ苦楽を共にしてれば当然か。
一緒にいた期間は短いけど、密度があまりにも濃過ぎたからな(苦笑)


出口を求めて洞窟内を探索すると、2体の魔物がガリンガとやらについての世間話をしてました。

2019101116532200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
神の里?
世界中旅したけど、そんな名前の里は聞いた事ないな。
カミュも聞き覚えのない名前に疑問を持つが、ひとまずこの魔物達を片付けないといかん。

2019101116541200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ってなワケで、ホミリンが奴らの仲間として気を引いているうちに、カミュが後ろからザックリやりました。
流石盗賊。闇討ちはお手の物だね(褒めてます)

2019101116541800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
あれ?カミュは名前名乗ってないよね?
カミュも疑問に思ったが、今は急いでるので深く追求せず。


開けた場所に出ると、そこは大勢の魔物がうろうろしてました。

2019101116554800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
うーわー・・・(汗)
見てるだけでうんざりするレベルの魔物の数だわ・・・。

カミュもこれは厳しいと踏み止まる。

2019101116560900-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ん?何かさらっととんでもない事言ってないか?
今までの言動を考えると、やっぱホミリンってカミュの事を知っていて、カミュと関わる事が目的だったっぽいな。

2019101116561900-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
あ、やっぱ妹がいるんだ。
カミュのお兄ちゃん気質はそこから来てるんでしょうな。

2019101116562400-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
え?何その「妹はもう死んだ」みたいな言い方・・・(汗)

2019101116563200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
あれ?前に会った事あったっけ?
少なくとも主人公と出会う前の話っぽいが、カミュはホミリンと初対面だと言い、追求しようとするが結局はぐらかされる。


その後も、追っ手の魔物達に追われつつも何とか協力して振り切ったカミュ達。
ようやく外へ出れたと思ったら・・・、

2019101117162500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
回りは雲海で、ここは雲の上だった。
これ・・・どうやって帰ればいいの?(汗)

2019101117164100-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
この場には奇跡的で不死身的な悪運の持ち主である主人公がいないし、飛び降りたら確実に死にますな。

どうしたもんかと考えていると、突然巨大な刃物が飛んでくる。

2019110910154800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ぎゃあああああぁぁぁぁっ!!
危ねえぇっ!!(汗)


2019101117165100-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
吹っ飛ばされてホミリンは気絶(ちょっと可愛い)
どうやら魔物の親玉が出てきた模様。

2019101117170000-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
いきなり刃物投げてくるとか危ないでしょうが!
死んだらどうしてくれる!!(怒)


2019101117170700-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
例の神の里を滅ぼした魔物か。
六軍王って事は、ガリンガみたいな奴があと5人はいるって事か?(汗)
1人は妖魔軍王のブギーなんでしょうが、この性格の差は一体・・・。

どうやらガリンガがカミュを捕まえた張本人らしく、ウルノーガに献上するつもりだった模様。
おまけに大量の魔物を呼び寄せやがりました。

2019101117193800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ちょ・・・まさかこれ全部1人で片付けろと!?
いくらカミュでも無理じゃね!?(汗)


だが頑張らなかったら死ぬだけなので、ひたすら魔物をぶちのめし続けるが・・・倒しても倒しても湧いてくる魔物達にカミュも疲労が溜まっていく。

2019101117194700-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ここで諦めたら主人公達が泣くぞ!(汗)

カミュが諦めかけたその時、ホミリンの声がカミュの頭に響く。

2019101117195200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
あれ?ってかホミリンどこ行った?(汗)
戦乱のどさくさでいつのまにかいなくなっとる。

そのホミリンに「君はずっと前から僕を知っている筈だ」と言われる。

2019101117201400-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
そんな予言を受けていたのか。
ってか贖罪って・・・まさか妹を死なせてしまったとか言うオチなんじゃ・・・(汗)
じゃあ主人公を助けると言って一緒にいてくれたのは、自分の罪滅ぼしの為だったって事か?
まぁ、普通の盗賊が予言をされた程度で勇者と一緒に魔王退治とか命懸け&面倒な事を簡単に引き受けるわけないよね。
カミュ自身も「自分達の旅は遊びじゃない」とか言ってるわりに「厄介事はごめんだ」とか矛盾した事言ってたし。
以前から何となく思ってたけど、カミュって生きるだけで精一杯で人生を楽しむ余裕がない印象を受けると言うか、闇が深そうだな・・・(汗)

そしてホミリンは、ここを突破できる1度きりの特別な力をくれると言うが、その為にはカミュの1番大切なものを引き換えにしなければならないと言う。

2019101117203700-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
カミュにとって1番大切なもの。
真っ先に思い浮かべたのは・・・、

2019101117204200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg

2019101117204300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg

2019101117204400-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg

2019101117204600-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg

2019101117204700-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
一緒に旅をして来た仲間達との思い出だった。
それを失っても構わないのかと念を押される。

2019101117210800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
死んだらその思い出すら永遠に失う事になってしまうし、カミュにはまだやらなきゃいけない事が残っていますからね。
例えカミュが全てを忘れて思い出せなくなっても、主人公達が覚えているし、旅をしていればいずれカミュの記憶に関わるものに遭遇するだろうし、生きていれば何とかなるものです。

2019101117211500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
この言葉と共にカミュに力が注ぎ込まれる。
力を貰った反動か、途端に無防備状態になるカミュ。

2019101117213700-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
魔物達はチャンスと言わんばかりにいっせいに襲い掛かるが、

2019101117214600-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
カミュから発せられた強大な力に吹っ飛ばされる。

2019101117215300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
全身から力がみなぎるカミュ。

2019101117215900-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
こっちは大事な相棒と仲間達を探しに行かなきゃならないんです。

2019101117220300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
その行く手を遮る者は、誰であろうが叩き潰すっ!!

2019101117220600-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
幾多の修羅場を潜り抜けてきた勇者の相棒をなめるんじゃねぇっ!!

2019101117221400-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
力を手に入れ、超人的な身体能力で次々と魔物を屠っていくカミュ。

2019101117225200-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
いやもう、本当滅茶苦茶ヤバい強さです。
この状態でガリンガとバトルですが、1ターンごとの回復量がおかしい(汗)
当然の如く圧勝でした。

2019101117242300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ふっ!伊達に勇者の相棒をやっているわけじゃないんだぜ!
そのまま一気にケリをつけようとするカミュだが、突然力が抜ける。

2019101117242900-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
ちょっと!よりにもよってここで切れるんかい!!
今1番大事なところなんですけど!!(汗)


力を使った反動か、体が重くて思うように動いてくれず。

2019101117244300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
大切な人達が待っているんだから、せめてもう少しだけ頑張らせてくれよ・・・!(汗)
そう思っても力は戻らず、ガリンガはカミュを生かしておけないと判断し、トドメを刺そうとまたもや刃物を投げつけてくる。

2019110910241100-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
地面に突き立てられた剣は爆発を起こし、カミュは雲海に放り出される。
そのまま雲の下に真っ逆さまに落ちていくが・・・、

2019101117252300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
途中で何者かの魔法によって助けられる。

2019101117253100-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
どうやらホミリンが助けてくれた模様。
だが、口調が先ほどと変わっており、ようやく正体を現す。

2019101117254500-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
カミュに預言をしたのはこの人だったのか。
つまり、カミュはまだ死ぬべき運命じゃないって事ですな。
預言者は「自分が助けられるのはここまで」と言って姿を消す。

そして残されたカミュは・・・、

2019101117262000-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
大切な仲間達の思い出も・・・、

2019101117263000-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
大切な相棒の思い出も・・・、

2019101117264100-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
大切なあの子の思い出も、全てが焼き尽くされて消えていく。
けれど、生きてさえいれば道は開けると預言者はカミュを送り出しました。


場面が変わって、どこかの海岸。

2019101117272400-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
1人の男が海岸でぼーっと突っ立っているカミュに声を掛ける。

2019101117273300-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
正に抜け殻の様になってしまったカミュ。

2019101117273800-DE38B1F7BACD630EB6BA46722BEC2EC1.jpg
本当に記憶喪失になってしまったんですな。
ってか、ふわふわとした危うい雰囲気に見てて心配になってくるんですが・・・(汗)

カミュはそのままフラフラとおぼつかない足取りで海岸を去って行きました。


続く。
カミュ編は登場人物少ないから短くなったな。
次回はロウ編。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する