魔入りました!入間くん 11巻 感想

2019/06/11 11:52:03 | 魔入りました!入間くん | コメント:0件

先日、最新刊が発売されたので買ってきました。



今回は終末日(夏休み)と新学期の話。


以下、ネタバレ。

サリバンが勝手に記者会見をして入間を英雄扱いしたせいでマスコミが押しかけ、家に帰れなくなり、クララの家にお泊りする事になった入間。
カルエゴの家庭訪問の時もそうだったけど、ウァラク家って初めて来た人でも家族扱いする信条なんですな。
ウァラクの名前の由来って、和楽から来てるのかね?
冒険家のダディが不在なのが気になりますが、それ以外はウァラク家は正に理想の家庭って感じですな。
でもマミーは一人で6人の子供の面倒見るとか凄いな(長男がしっかり者とは言え)
子供一人でも面倒見るのってマジで滅茶苦茶大変なのに(汗)
んで、幼少期のクララが滅茶苦茶可愛過ぎるんですが(真顔)
恥ずかしがってアルバムを必死に取り上げようとする姿も可愛過ぎて萌える。
入間とアズに膝枕をしてあげるところとかマジ聖母。
特に入間は、両親が屑だったから膝枕&子守唄なんてしてもらった事ないんじゃないか?(汗)
多分、マミーがあんな感じで幼いクララに膝枕&子守唄を歌ってあげてたのかなーなんて。
まだ赤ん坊状態で制御がきかなかったアリすらも子守唄で和ませてたし、よく他のキャラの頭を撫でてたりするし、ライバルであるアメリとも仲良くなろうと女子会を開いたり、遊園地に皆を誘ったりと、元々クララは皆仲良くを信条とした癒し系だとは思ってたけどね。
クララはお気に入りキャラだったんですが、今回で最愛キャラとなりました(笑)

リードは入間達を引っ張り出して合コンをセッティングしたわけですが、今時は中学生でも合コンに行くものなのか?(汗)
自分は高校時代にそこそこ話す女子生徒が合コンやりたいとか言ってたけど、自分は恋愛どころじゃなかったし、同じ学校や他校に仲がいい男友達(ゲーセン仲間)がそこそこいて、よく女友達も含めて皆で遊びに行ってたから、特に興味なかったけど。
皆を出し抜こうとあれこれせこい真似をして、逆に失敗するリードですが、元々リードは同年代の女子からは「子供っぽい」とか思われそうなタイプではあるかな。
同年代とつきあうなら、男に大人な振る舞いを求める女子が多いからな。
リードは無邪気で子供っぽいどころがあるから、ジャズの言う様に年上の女性から人気が出るタイプだとは思う(笑)

アズは社交界に無理矢理引っ張り出されたわけですが、流石に親戚の子供の事は素直に褒めてやれよ!
頑張っておめかしした親戚の女の子達より、女装入間の方が可愛いと断言するとか、明らかに危ないうえに無神経な奴だぞ(汗)
本気でそう思っていても、せめて親戚の子達の前では入間の事は黙ってればいいのにね・・・正直過ぎるのも相手を傷付けるので問題だぞ。
ってか、もう入間なら何でもいいだけだろ、こいつ(汗)
ぶっちゃけアズは、メイン3人組の中で精神的に一番未熟だと思う(貶してるわけではない)
でも能力的には優秀だから、一見問題がない様に見えてしまって(本人もそのせいで自覚がなかった)、前回の遊園地でその問題が浮き彫りになってしまったんだろうけど。
でも1位階の女性が受けた仕打ちを、制裁ではなく、エスコートによってスマートに解決したのはマジでイケメンだと思った。
カルエゴが言った様に、こんな感じで周囲に気を配る様になれば、アズはもっと成長できるんだろうな。

サリバンとのお買い物では、入間を滅茶苦茶甘やかすサリバン。
入間は人間界では屑両親のせいで質素な生活を送らざるを得なかったから、贅沢させるのはいいんだけど、洋服全部買い占めるとかタンスのこやしになりかねないぞ(汗)
多分入間も成長期だろうし、洋服のサイズとかすぐに合わなくなるんじゃないか?(ただでさえ健啖家なのに)
んで、最初は自ら退学を望むレベルで学校を嫌がっていましたが、今ではすっかり学校を楽しむ様になっていた入間。
こんだけ喜んでくれれば、サリバンも学校に行かせた甲斐があるってもんですな。

あと魔王の事について少し触れられていましたが、デルキラって優しいけど結構大雑把なキャラだったんかね?(笑)
現在魔王の座は空席で、13冠達は早く新しい魔王に世界を統治して欲しいみたいですが(バールは除く)、サリバン達三傑は魔王の存在を望んでいないんじゃないかと思う(会議でも超どうでもよさそうだったし)
位階による上下関係のせいで、キリヲみたいに能力が低い故に蔑まれ貶され続けて「この世の全てをぶっ壊したい」と望む元祖返りを生み出してしまったわけだし、魔王の君臨はその歪みを肯定する様なもんだから、デルキラやサリバン達は魔王の座を空席にしてるんじゃないかなーと予想。
んで、入間が魔王となったら望む世界は、やっぱ位階による上下関係がない世界なんじゃないかなーと思う。
「上下関係をなくしたい」と言っていたキリヲに賛同してたし。
でも、位階を崖にしてお互いを引き摺り下ろそうとする混沌な世界を望むキリヲと違って、入間は位階を平坦にして皆平等で互いを補い合う世界を望むと思うけどね。
ただ、入間が魔王となってそんな世界を望むなら「上下関係の象徴である魔王の存在そのものを否定しなければならないし、全ての悪魔がそれを望んでいるわけではない」と言う問題に突き当たると思うけど。

アメリとのデートでは、アメリの水着姿をお披露目したわけですが、個人的にポニーテールが結構可愛くて好みです(笑)
んで、綿密に立てた計画も悉く失敗するわけですが、無理矢理少女漫画みたいにしようとするから空回ってる印象(苦笑)
あと入間の場合、単に友達とお出かけと思ってるだけで、デートとは思ってなさそうな気が・・・(合コンの意味もよく理解してなかったし)
まぁ、アメリからの好意をわかってて、デートのつもりで出掛ける色ボケ入間とか個人的に嫌だからいいんだけどさ(笑)

新学期では、問題児クラスは1年生のうちに卒業試験レベルの4位階を取らなければ、即刻王の教室を退去と言う難題を突きつけられると。
まぁ、王の教室を勝ち取ったり、遊園地を救った英雄になったわけだから、教師陣が伸びしろがあると期待して更に努力させようと投資するのは当然だと思うけど。
どの分野でもプロになったら周囲からの期待も背負う事になるし、”今まで以上”の努力をして、更に高みを目指さなければいけない義務が生じるし、秀でた才能の持つ者が避けては通れない宿命だから仕方ないね。
今の地位と名声を維持したいなら努力して期待に応え、それが嫌なら地位と名声を捨てるかしかない。
才能のおかげで高い地位と名声を手に入れたから、この先一生努力しなくてもいい極楽人生~♪なんてのは甘い幻想ですからな。
逆に言えば、才能を更に常人より逸したレベルまで開花させる事ができるチャンスでもあるけど。
んで、学校側もそれぞれ特別講師を用意したわけですが、あの割り当てだと本人の能力や素質を見て長所を伸ばして行くって感じなのかな?

アズは望み通り、バラムの弟子となって初めて入間から離れる宣言。
いつまでも「入間が選んだから自分もそれを選ぶ」「いつも入間と一緒がいい」なんて脳みそ空っぽの腰巾着な事言ってられませんもんな。
そんな状態じゃ、また遊園地の時みたいに入間に心配させて泣かせる事になるし。

クララはライムの弟子となって誘惑技術を学ぶと、正に願ったり叶ったりな展開。
「壊滅的な色気のなさ」とか「向いてない」とかズタボロ言われていたが、この様子だとサキュバスの素質はあるって事なのかね?
でも、ただでさえクララは男にも平気で抱きついてスキンシップが激しいのに、これで魅惑的になったらとんでもない魔性の女になってしまうのでは?(笑)
クララって多分母親似だし、その母親は結構スタイルがいいから、クララも将来はスタイルが良くなるだろうし。
愛嬌と包容力のある癒し系でもあるわけだし、ヘタすると魔界中の男どもを虜にするとかなったりして(笑)

ケロリはマネージャーから召喚士の特訓を許可されたみたいですが、一部の教師にはケロリがアクドルだって事はバレてるのかね?
まぁ、アクドルは滅茶苦茶忙しいみたいだし、仕事の為に学校を休みがちになるだろうから、流石に事情を話す必要はあるか。
召喚士がアクドルの成長になるって、魔獣をも虜にするアクドルとして名を馳せる様になるとかかね?

入間とリードは何だろう?
個人的にはこの二人の共通点と言ったら、悪魔達の輪の中心にいて目立つ存在で、皆をまとめて引っ張っていくリーダーって印象だけど。
師匠役に抜擢されたロビンはアホだが、熱血馬鹿のリーダー気質でもあると思う(昔の少年漫画の主人公タイプ)
カルエゴも意味もなくロビンを抜擢するわけないだろうし(不可能な課題は出さないって言ってるし)、もしバチコの方が師匠として適任なら最初からそっちに頼むだろうし。

んで、バチコにめっちゃコキ使われて、それでも「何か理由がある筈」と無理矢理前向きに頑張るが、終いには「アホ」と言われ、滅茶苦茶悔しがる入間。
多分、バチコはいい意味で「アホ」と言ったんじゃないかなーと思う(汗)
まぁ、バチコがどういう意図で言ったにせよ、入間がどう受け取ったかにせよ、今まで入間のお人好し&自己犠牲な言動を諭す事はあっても、否定してくれる者はいなかったわけだから、バチコの言動は入間が怒りの感情をきちんと自覚するキッカケにはなったと思う(怒りも抑え”過ぎる”と病みます)
入間的には、困っている人を助けるのはともかく、理不尽な命令にただ従うのはやっぱ内心ムカつくと言うか嫌だったんじゃないかね?(ただ無意識にその気持ちから目を背けなきゃやってられなかっただけで)
だが、自分の意思で完璧なパシリをこなそうとすると言う予想の斜め上の行動に出た入間・・・そういう事じゃないと思うんだがな(苦笑)
まぁでも、他人の為に動く時に言われるがままじゃなく、自分の頭で考えて動くってのは、今までの入間には出来なかった事だから、そういう意味では成長してるって事なんだろうけど。

あと、地味に気になってるんですが、もう一人のクラスメイトであるプルソン・ソイはこのまま特別授業には参加しないんかね?
飛行レースやテストとか昇級試験の時にちょこっと見掛けた程度で、あとはずーっと不在みたいですが、もしかして昔の入間みたいに存在が薄いと言うキャラ設定とか?
入間も人間界ではクラスメイトにあまり存在を認識されてなかったみたいだし(汗)

おまけ漫画では、アクドル編以来の女装ネタ。
そして女装が完璧だったアズにドン引きした入間が、今度はリードにドン引きされる側に・・・(笑)
女装が似合うのは二人的には不本意なんだろうが、小柄で可愛い系男子だから似合ってしまうんだろうな。
自分の友人にもいたなー。
小柄で中性的な外見だから、よく女に間違われて、高校時代は女友達によく女装(女子のスカートを履かせる)させられてた男子が(男子の制服でも女子達と一緒にいると女に間違われる)
自分は女装騒ぎでは傍観者だったけど、その男子はどうやったら男らしくなれるのかと嘆いてましたな(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する