ワーネバのククリア プレイ日記~三男ミムラスの婚活編~

2015/03/26 13:15:49 | ワールドネバーランド | コメント:0件

前回、2代目アイリスから3代目イキシアにPC権を引き継ぎました。
これからは兄として弟の婚活をサポート致します(笑)






今回は末っ子である三男ミムラスの婚活です。

QUKRIA_SS_0918000.jpg
QUKRIA_SS_00830070.jpg
あんなに小っちゃかった三男がもう(以下略)
んで三男の成人姿がコレ。

QUKRIA_SS_09910090.jpg

うん、次男と同じでイケメンではあるが予想通りと言うか・・・。

FILE5720050.jpg
※若い頃の祖父母
爺ちゃんそっくりってか完全に瓜二つである。
髪型を変えればいいんでしょうが、三男は「むじゃき」と言うお調子者な性格故に、この髪型が一番それっぽいかなと思ったんで・・・・それだとジョコンド(一匹狼)はどうなるんだよって話ですが(笑)
ってかこの髪型、将来禿げるけどね。ごめんよ三男(爆)


んで三男の友人リストは見れませんが、同級生は以下の3人。

叔母アリッサム(五女)の婚活の件(生まれる前に父を亡くした)で気にかけていたアダム。

QUKRIA_SS_09940090.jpg
うむ、予想通りイケメンに成長。

次男の嫁モニカの妹&隣に住んでた従妹で幼馴染みのイレーヌ。

QUKRIA_SS_08290090.jpg
姉そっくりで可愛いですな。
※彼女だけハートマークなのは母アイリスにとって姪っ子だったからつけただけで、深い意味はない(笑)

次男と同じ誕生日&初代PCと同じフライダ区4丁目に住んでた叔母デイジー(長女)にそっくりなレナータ。

QUKRIA_SS_076300800.jpg
やっぱりデイジーにそっくりで美人です。
でもまったく親戚関係はなく、赤の他人です。

この年の新成人はこの4人ですが、全員PC一家に何かと縁がある子達ばかりです。
三男はイレーヌともレナータとも遊びに行くほど仲が良かったらしいし、アダムとライバルになるかもしれないけど、人数的にも丁度いいし、婚活は大丈夫そうかなと、この時は思いました・・・・・・うん、この時は・・・。


以下、続き。
今回はめっちゃ複雑になったので長いです(汗)

んで次男の学生時代を試しにプレイした時から、アダムが大人になったら絶対仲良くしようと思ってたので、早速友人になる。

QUKRIA_SS_06410020.jpg
QUKRIA_SS_082100901.jpg
うむ、友人として誕生日を祝えて良かった。
アダムは優等生にもなったし、あの世でパーシーQUKRIA_SS_798.jpgも喜んでいると思います。

レナータQUKRIA_SS_00581100.jpgは次男の婚活編で既に説明したのですが、次男の嫁モニカから神職を引き継ぎ、イスカの乙女となりました。


んで肝心の婚活ですが、三男の学年は皆普通に仲良かったらしく、同級生同士誰とでも恋人同士になれた模様。
なので最初は好きにさせて、サポートは頃合いを見てからにしようと完全に放置。
ところが、好きにさせた結果・・・。


図式

最初。

QUKRIA_SS_00581100.jpgQUKRIA_SS_00021100.jpgQUKRIA_SS_02871100.jpgQUKRIA_SS_02811100.jpg

数日後。

QUKRIA_SS_00021100.jpgQUKRIA_SS_02871100.jpgQUKRIA_SS_02811100.jpgQUKRIA_SS_00581100.jpg

リバースってか、どっちにしろ一方通行になっていた(汗)

しかも移住者ラナQUKRIA_SS_00841100.jpgの本命がアダムQUKRIA_SS_02811100.jpgになっていた・・・・・・・ああああああ、危惧していた事が現実に・・・orz
自分的にラナにはアスター神官のヒースコートQUKRIA_SS_00070070.jpgとくっついて欲しかったのに、相性が悪いのかそんな気配は微塵もない二人・・・。
ククリアの相性って一体どうなってるんだ?(汗)

こうなると、アダムの本命であるレナータQUKRIA_SS_00581100.jpgの本命が誰かによって今後の対策が決まります。
そのレナータの本命は次男の同級生であるブライアンQUKRIA_SS_09330090.jpg(彼女持ち)
って待てや、ブライアン・・・・・・学校裏で待ってるから後で面貸せや(怒)
てめえ、ブレンダQUKRIA_SS_09340090.jpgと言うカルナの乙女の恋人(しかも両想い)がいながら後輩に手を出すんじゃねえよ!
まだ恋人欄に名前が載ってるだけなら「まぁ、システム上仕方ない」と納得できますが、よりにもよってブライアンはレナータとデートしやがったんですよね・・・(怒)
行先は大抵ブライアンが決めてしまうので、ロックが掛かってなかったせいですな。
次のブレンダとのデートで、リセットを使ってブレンダに先導させ、ロックを掛けたのは言うまでもない・・・。

QUKRIA_SS_10370090.jpg
そして引き継ぎのフラグを立て、ブレンダはもう1人の新成人であるイレーヌQUKRIA_SS_02871100.jpgに引き継ごうとしますが、イレーヌは断ります。
リセットをしても断ります。
またリセットしても断ります。
断り続けます・・・・・・・・・・・・・・・・・断らないでくれ!頼むから!(汗)
姉モニカの惨状を見て「乙女なんてやりたくねえ」と思うのはわかるが、それでも断らないでくれ!
このままだとレナータの本命がブライアンのままで複雑化している関係が長引くんだよ!(汗)

何度かリセットしてやっと引き継ぎが成功。

QUKRIA_SS_10430090.jpg
ゴードン家の神職に選ばれやすい呪いは結局続く事になりました。
・・・いや、自分が無理矢理やらせたのはわかるけど、それにしてもゴードン家の子供達は成人した年と神職引き継ぎのタイミングがよくかち合うんですよね。
挙句に同級生が少な過ぎだったり、男女比率が偏ってたりして面倒な事になるし・・・(汗)
それはレナータも一緒だけどね・・・・・・彼女の姉もイスカの乙女だったし。



その後、ブライアンQUKRIA_SS_09330090.jpgとブレンダQUKRIA_SS_09340090.jpgは無事婚約し、レナータQUKRIA_SS_00581100.jpgの本命はアダムQUKRIA_SS_02811100.jpgになりました。
となると、三男QUKRIA_SS_00021100.jpgはイレーヌQUKRIA_SS_02871100.jpgとくっつけるべきだなと思い、工作しようとも思いましたが、一時期両想いだった時もあったし、二人はよくデートしてたので大丈夫そうだと完全に放置。
「兄弟揃ってお隣の姉妹とくっつくのかー(笑」と思いました。

QUKRIA_SS_080600901.jpg
QUKRIA_SS_01131100.jpg
さり気なくお子様デート(しかも従弟妹達)と被ってたりして笑いました。

そんな感じで安心していたある日、三男とイレーヌはいつの間にか破局していた。
一体何があったんだ・・・(汗)
破局している事に気付かずセーブをしてしまっていたので、そのまま続行する事に・・・orz
PCの子供で本命と破局したとこなんて初めて見たよ・・・・・・今までの子達は監視のみで完全放置でも大丈夫だったのに(汗)
んでイレーヌと破局し、レナータとは全然進んでいなかったせいか、翌日には三男がシズニ神官になっていた・・・・・・長男の悪夢再び・・・。
いや、長男の時以上の悪夢である・・・orz


QUKRIA_SS_01931100.jpg
従妹のダイアンQUKRIA_SS_07410090.jpgと婚約間近のシズニ神官マヌエルQUKRIA_SS_09890090.jpgが引き継ぎ待ちだったのはわかるけど、まさか年末近くになって三男に引き継がれる事になろうとは・・・(汗)
やっぱしガリアルド家とゴードン家は神職に選ばれやすい呪いに掛かってるよ、絶対・・・(汗)



んで、イレーヌQUKRIA_SS_02871100.jpgって本命欄はアダムQUKRIA_SS_02811100.jpgの名前が載ってるけど、本当は次男QUKRIA_SS_09640090.jpgが好きだったんじゃないかと思いました。
次男とモニカQUKRIA_SS_09280090.jpgは婚約まで時間が掛かったんですが、その間イレーヌはずっと次男をデートに誘って来てたんですよね。

QUKRIA_SS_075800901.jpg
それだけならシステム上よくある事だし、次男が特別なわけじゃないと大して気にも留めませんでした。
この時も「オイオイ、お前には三男とアダムがいるだろ(笑」くらいにしか思ってなかったし、これくらいで自惚れるほど自分も馬鹿じゃありません。
でもモニカが還俗して、3段階目のデートも済ませ、あとは婚約するだけの時も、目の前にモニカがいるのにデートに誘って来るし。

QUKRIA_SS_089400901.jpg
「ひぃっ!姉の前で姉の恋人になんて事言うの、この子は!?(汗」と戦慄しました。
モニカからキスされたけどデートは断られた後だったから、余計に修羅場っぽかった(汗)
でもまだこの時は偶然が重なっただけと思ってました。


トドメをさしたのが次男とモニカの結婚式の時。
カルナと乙女であるイレーヌは式に参列できないのですが、結婚式の最中に次男の周囲をずっとウロウロしてたんですよね・・・・・・まるで結婚式を妨害するかの様に(汗)

QUKRIA_SS_096700901.jpg
今までクエストとか、参列に間に合わなくて乱入する人はいたけど、それでも隅っこでウロウロするレベル、もしくはすぐ帰って行くかで、こんなに堂々と祭壇前に来た人は初めて見たので、「ちょっ!邪魔なんだけど!?(汗」と驚きました。
しかも乙女の乱入なんて前代未聞です(汗)

QUKRIA_SS_098400901.jpg
前回、次男の婚活編で誓いの証の場面を載せられなかった原因はコレです・・・(汗)

QUKRIA_SS_098900901.jpg
次男をじっと見つめてる感じがガチっぽくて、この時は気が気じゃなかったです(汗)
まだ新婦側をうろついてれば「姉の結婚式を見届けたかったんだな」と思えたんですが、イレーヌはずっと新郎側をうろついてました・・・。
何も引き摺っていないところを見るとクエストでもなさそうだし(ってか神職者ってクエストできなかった気が・・・)
そして数日後に三男とイレーヌは破局・・・(汗)


イレーヌQUKRIA_SS_02871100.jpgは三男QUKRIA_SS_00021100.jpgを通して次男QUKRIA_SS_09640090.jpgを見ていただけで、三男はそれに気付いて破局した様にしか見えなかった・・・(汗)
一応イレーヌと次男も幼馴染みだし、次男と三男は瓜二つだし(性格は全然似てないけど)、元々三男の髪型って次男と同じだったし・・・。

QUKRIA_SS_06800020.jpg
(※試しに次男の学生時代に引き継いだ時のフギの燻製の日前日)

QUKRIA_SS_08300090.jpg
この誕生日会話もね・・・・・・「可愛いなあ」と思いつつ、「どうせ年上の友人には皆言ってるんだろうし、好感度下げるのもめんどい」と思ったが故に適当に返してしまったんですが・・・・・・今思うと本気だったんだろうな(汗)
「ごめんなさい、本当にごめんなさい。もう二度と好感度下がるのがめんどくさいからって適当な返答をしません(汗」と心に強く誓いました。

次男の嫁は誰にしようかと考えていた時、後輩であるイレーヌと結婚すると言う考えもなくはなかったんですが、同時に三男とアダムの嫁候補だとも思ってたし、2人の恋路を邪魔したくなかったのでイレーヌは結婚対象から外していたけど、まさかこんな事になるとは・・・(汗)


幼い頃に隣に住んでいた年上のイスカの乙女QUKRIA_SS_09280090.jpgと恋人同士になり、彼女の男性不信もあって波乱もあったが、二人の距離は縮まり、後は婚約するだけの次男QUKRIA_SS_09640090.jpg・・・・・・・・ところが自分の弟QUKRIA_SS_00021100.jpgとつきあっている筈の彼女の妹QUKRIA_SS_02871100.jpgが次男に好意を示して来て・・・・・・とか、どこの恋愛ドラマだよ!(汗)

母アイリスQUKRIA_SS_0631.jpg(既婚)の時も独身のヒースコートQUKRIA_SS_0722.jpgがガチモードで頻繁に会いに来てたし、次男もそういう目に合う運命なのか?(汗)

QUKRIA_SS_01741100.jpg
ちなみにヒースコートは相変わらずコサージュを引き摺り回してます。
でも独身の女性に会いに行くところはまったく見掛けません・・・・・・まだ母を追っかけてんのか。
現在、母は未亡人なのでシャレにならないからやめて頂きたい(汗)


結局、三男の本命はレナータQUKRIA_SS_00581100.jpgに戻りました。
でもレナータはアダムと何度もデートしてるので、いくらデートができても絶対に勝てるわけがないと思いつつ、できるだけサポートしようとしました。
と言っても、デートの約束をしてたらレナータに先導させるくらいしかできないんですが・・・。

QUKRIA_SS_02321100.jpg
おまけにこの時のデートはレナータ先導に失敗して三男先導になっちゃったし(汗)
翌年の1日も何とかデートの約束を漕ぎ着けた様ですが、レナータの指定した行先は1段階目の果樹園だった・・・。

QUKRIA_SS_02851100.jpg
「2年目にしてレナータが果樹園を選ぶとか、もう絶望的じゃね?(汗」と思いました。
三男が神官になる前は1回しかデートしてなかったんだな・・・。
デートが終わった後のレナータの本命欄もアダムのままだったし、三男の負ける未来を想像しました。

だがしかし、その夜三男が魅惑のコサージュを引き摺ってレナータに会いに行き、ただの会話しかしてなかったのに翌日にはレナータの本命欄に三男の名前が・・・。

QUKRIA_SS_02891100.jpg

QUKRIA_SS_03011100.jpg
これには自分もかなり驚きました。
最初は「俺と一緒にいて本当に楽しい?」「どうかな・・・?」と言う会話だったので、「だからどうしてお前はそう自ら地雷を踏みに行くの!?デートに誘えよ!イレーヌとの事でトラウマになってるのもわかるけど、もう後がないんだぞ!?」とリセットしたんですが、普通の会話ばっかでデートの約束は何回やっても出なかったので、もうアダムと約束してるのかと思い、「もう知るか!」と諦めたんですよね。
まさか1回の会話だけで本命欄が変わるとは思わんかった・・・(汗)

多分、アダムはデートの時に自分ばかりが先導していたんだろうな・・・。
おまけに三男は走り回ってまでレナータにまめに会いに行ってたみたいですが、アダムは三男ほど会いに行ってなかったっぽいし、デートの約束もあまりしてなかったみたいだし。


しかも翌日の2日、アダムは確かにデートの約束があったが、相手はレナータではなく、移住者のラナQUKRIA_SS_00841100.jpgだった・・・。

QUKRIA_SS_03031100.jpg
誕生日祝ってくれるのは嬉しいが、レナータ略奪されてるからな?(汗)

更に翌日、またデートする三男とレナータ。

QUKRIA_SS_03181100.jpg
「『なんだぞ!』じゃねーよ!冷や冷やさせやがって!」とつっこみつつ監視(笑)
その翌日もまたデートと、いきなりデート頻度がスピードアップ(レナータ先導以外の工作は一切してない)

QUKRIA_SS_03271100.jpg
三男とレナータに神職引き継ぎフラグが立ちました。
しかもアダムは農場員となってしまったので、祭り前はデートできず、その間も三男とレナータはデートして完全にロックが掛かり、祭りが終わる頃には神職を新成人に引き継いで2人揃って見事還俗。

QUKRIA_SS_03541100.jpg

三男なんか神官として劇でナレーションやってたのに、大食い大会が終わる頃には一般人の服装になってて、一瞬目を疑いました(笑)
その後、三男とレナータは急ピッチでデートを重ねます(また連日デートしてたり)

QUKRIA_SS_05131100.jpg

そして年内の14日に婚約して翌日の15日に結婚・・・・・・・早っ!!(汗)

QUKRIA_SS_05231100.jpg

QUKRIA_SS_05731100.jpg
正に起死回生の大逆転。
新年の始めでは果樹園デートと言う絶望的な状況だったのに、見事レナータをアダムから略奪しました(笑)
自分はレナータ先導以外のサポートは一切してません。

三男とイレーヌが別れた時、「三男はレナータと、アダムはイレーヌとくっつけば丸く収まるのになー・・・」と思ったけど、実現するとは思わなかった(汗)
そういや父ロジェQUKRIA_SS_0592.jpgも恋人時代に3日連続で母アイリスQUKRIA_SS_0631.jpgをデートに誘って来てたりしたし、そういうとこは父親に似たんだろうな(笑)
5a男子と1a女子の結婚とか初代PC夫婦QUKRIA_SS_006.jpgQUKRIA_SS_007.jpgと一緒だし。
祖父とそっくり故に好みが似てるのか、祖母にそっくりな女性を、父の様に積極的にデートに誘って結婚。
ホント血は争えないと思いました(笑)

ちなみに結婚後の住居はカルナ区5-3・・・・・・・次男と同じカルナ区です(汗)

翌年、無事子供も出産。
またもや父ロジェの命日に生まれた女の子。

QUKRIA_SS_038610200.jpg
外見は父親似で、中身は母親と同じ性格。
ってか次男のとこの長女フリージアQUKRIA_SS_0074212100.jpg(のんびりさん)とまんま一緒じゃねえか!(ちなみにアルダの方が先に生まれた)
三女ルピナスQUKRIA_SS_4900.jpgと四女アイリスQUKRIA_SS_047.jpgも同じ不器用な性格だったし・・・・・・ナニコレ怖い(汗)


あと三男は闘士選抜戦で優勝し、闘士にもなりました。
やっぱ龍騎士の子供だから地味に才能があるんだろうか?

QUKRIA_SS_099910200.jpg

QUKRIA_SS_0505212100.jpg

妻であるレナータとも戦い、無事勝てたのですが、その件で喧嘩でもしたのか知らんが、後日に次男が嫁モニカから貰った香水を貶されました。
自分で買ってつけたのなら「まぁ、言われても仕方ない」でしたが、嫁から貰った香水なので「この野郎・・・(怒」となりました(笑)

QUKRIA_SS_093810200.jpg
QUKRIA_SS_0069212100.jpg
長男ストックやレナータは褒めてくれたぞ!(そしてさり気なく魔導師になっている長男)
そんなんだからイレーヌと破局したり、レナータとも破局しかけるんだよ!

QUKRIA_SS_0008212100.jpg
腹が立ったので、後日三男から手合わせをお願いされた際、返り討ちにしてやりました(爆)





一方、ふられたアダムQUKRIA_SS_02811100.jpgの方はイレーヌQUKRIA_SS_02871100.jpgとラナQUKRIA_SS_00841100.jpgの二択となり、自分的にはイレーヌとくっついてもらわねば(ゴードン家の呪いがあるので)困ると工作しようと思ったら、アダムとラナはいつの間にか破局していた(お前らもか)
自分は何もしてないのに破局するとか何があったんだ・・・(汗)
まぁ、でも最大の難関がなくなったし、イレーヌは引き継ぎフラグを立てた後即還俗できたのでひとまず安心してたのに、今度は中々デートしない二人。
挙句にアダムは次男を親友デートに誘う始末。

QUKRIA_SS_06101100.jpg
男を誘う前に恋人をデートに誘わんかい!
やる気あんのかオマエ!

当然「次男誘ってる暇あったらイレーヌをデートに誘ってこい!」と断ったのは言うまでもない。

んで年末に2人はやっと婚約しました。

QUKRIA_SS_07011100.jpg
また破局するんじゃないかと冷や冷やしたわ・・・(汗)

そんな感じで三男や同級生達は無事婚活を終えました。





・・・・・・・・・・・・・・が、そこでまた別の問題が起こりました。
イレーヌから乙女を引き継いだ女子に神職バグが発生。
これはデートの約束をしても、特に予定もないのにデートをキャンセルし続けるので、残された道は破局しかないと言う恐ろしいバグです。

被害者はこの2人。

QUKRIA_SS_010910200.jpg

この2人は初代PCの娘であるルピナス(三女)とジャスミン(六女)の子供です。
しかも先程の三男&イレーヌとデート先が被りつつもお子様デートをしていた2人です。
うわー・・・よりにもよって初代PCの孫達がそれに引っ掛かるとは・・・。
同級生のフレディQUKRIA_SS_04311100.jpgとブリアナQUKRIA_SS_0116212100.jpg(この2人は初代PCの曾孫)のカップルは三男とレナータから神職引き継いだけど大丈夫だったのに・・・(汗)

どうやらこれは両想いのカップルで、尚且つデートは数回しているが、ロックは掛かっていない状態で神職を引き継ぐと発生してしまう模様。
自分が気付いた時(当時2人は6歳)にはもう手遅れで、続行せざるを得ないし・・・orz
一度は無理矢理別れさせようとも思いました。
でも自分はこういう場合、大抵酷い結果となって終わるので、そのまま見守りましたが、2人は中々別れず、フェリクスはほぼ毎日の様にローレンをデートに誘い続け、そして翌日にはデートがキャンセルとなる・・・。

1年後、フェリクスは後輩でイスカの乙女であるロウェーナQUKRIA_SS_044510200.jpgともデートする様になりましたが、これがまた進行が遅い。
ロウェーナの本命が、よりにもよって中々還俗しない&還俗してもダロス役をやりたかった為か、中々婚約しない3股で最低野郎なシズニ神官エスモンドQUKRIA_SS_073310200.jpgだったので、中々フェリクスをデートに誘わなかったせいですな。
ホント、こいつのせいで何人のNPCの結婚が遅くなったか・・・(怒)
その最低野郎は見かける度にミズも実をお見舞いしたくなる・・・ってかお見舞いしました。
おまけにローレンとのデートの場合、フェリクスばかりが先導してた様で、フェリクスの本命欄はロウェーナと婚約するその時までローレンのままだったせいでもあります。

なんとか結婚できても素直に喜べなかった・・・・・・初代PCの孫の結婚なので嬉しい事の筈なのに。
フェリクスとロウェーナの結婚式が始まる直前、ローレンが入ってきたと思ったら入口ですぐ引き返して去って行き、数日後にはローレンの恋人欄が空白になって、益々悲しくなった・・・orz

なのでローレン救済の為に男性移住者を入れました。
自分は滅多に手動で移住者は入れない派ですが、バグさえなければローレンは確実にフェリクスと結婚してたし、このままじゃローレンがあまりにも可哀想過ぎるので・・・・・・ローレンは悪くないから尚更。

QUKRIA_SS_0938212100.jpg
ちなみにこの2名を投入。
1人だけだと同じ移住者のラナQUKRIA_SS_00841100.jpgとくっついて無意味になってしまう可能性があったので。
カルナの乙女であるローレンと遭遇しやすい様にカルナ区にぶち込みました。
我が国で1番少ない4系で、尚且つ見た事がない髪型にしました。
はい、一時期4系が絶滅危惧種レベルになる程少なかったので・・・(笑)
相性の問題もあるし、何度も同じ年をやり直すハメにもなりますが、ローレンを救う為なら仕方のない事です。


しかし、これからは毎年の年始のデータを残して置くべきだと強く思いました。
基本は引き継ぎ間際のデータしか残さない人間なので・・・。
ってか早くこのバグ直してアップデートしてくれよ(怒)



そんな感じで三男の婚活も終了。
ホント三男が一番酷かった・・・。
しかもこの時期は危篤ラッシュで、正に大波乱の時期でした。
叔母カトレア(次女)を含む世代が毎日の様に次から次へと去って行き、国民中が不幸のどん底になってました・・・orz
長男が魔導師になったのも、危篤ラッシュで深刻な人材不足だった故です。
神職バグの問題も起こるし、本当に勘弁してくれ!(滝汗)

QUKRIA_SS_0592.jpg QUKRIA_SS_0631.jpg QUKRIA_SS_0191000.jpg QUKRIA_SS_0724000.jpg QUKRIA_SS_01580070.jpg

QUKRIA_SS_00010070.jpg QUKRIA_SS_08640070.jpg QUKRIA_SS_00340070.jpg QUKRIA_SS_09640090.jpg QUKRIA_SS_00021100.jpg

ってなワケで、ようやく2代目の子供達の婚活も終わりました。
次男の子供達編も多分書くんじゃないかなー(テキトー過ぎる)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する