月華国奇医伝 11巻 感想

2023/12/08 08:08:38 | 月華国奇医伝 | コメント:0件


今回は皇后の病気の原因を探る為、後宮に潜入する話。

817qX9srISLSL1501.jpg
Amazon 『月華国奇医伝 11巻

以下、ネタバレ。







前回、景雲に説得されたノアは、胡葉の意志を尊重して、1人で実家に帰る事になりました。
そんな父に、胡葉は早起きして作ったと言う、味も匂いもまったくしない、恐ろしい弁当をプレゼント。
冷たくなっても味が落ちない様にしたと言ってたが、そもそも落ちる味そのものが既になくなっているので、これ以上落ちようがないと言う・・・(汗)
いつも思うんだけど、胡葉って味覚音痴なのかね?
そして天祐と小鈴が連携してこっそり弁当に味付けをして、無事ノアを救済。
この兄妹優秀過ぎん?(笑)
ってか、この様子だと天祐も将来は医術師になって、小鈴はその補佐になるんかね?


んで、今回は皇后の身体の具合が悪そうで、侍女が言うには頻繁に下血があるって事で、ただでさえ今の皇帝は蘆貴妃をえこ贔屓しまくってるので、立場が危うい皇后を心配した景雲が、胡葉に『後宮に宮女として潜入し、皇后を診察して欲しい』と依頼。
本来なら、一度後宮に入ると中々後宮外に出して貰えないらしいが、丁度先月皇帝が長年勤めたうえで希望する人は退職する事が許される様にしたって事で、その抜けた人員確保の試験を受けて潜入する作戦の模様。
そもそも、何で宮女の退職が許される様にしたんだろ?

権力とか超どうでもいい&超絶フリーダムな胡葉に引き受けて貰う為に、景雲は卑怯だと自覚しつつもまたもや筋肉で釣ろうとするが、自分の為に一生懸命頑張ってくれた景雲に恩返しがしたいと、胡葉は皇后の診察をあっさり引き受ける。
景雲に会うと喜びで表情が明るくなってたし、これはすっかり景雲に落ちてますわ(笑)
まぁ、景雲本人は今までが今までなだけに、全然気付いてませんが・・・(汗)

一方、シンは自分が手助け出来ないからと否定的。
それでも「頑張りたい」と言う胡葉の意志を尊重する事にはしたが、「シンも自分のやりたい事やっていいんだよ?」と言われると、過去の罪を思い出して動揺。
自分のやりたい事をやるには、まず自分の罪と向き合わなきゃいけないうえ、そうすると心が壊れて自殺まっしぐらで、目を逸らす為に『胡葉を守る』って大義名分を利用して今日まで何とか生きてきたから、そりゃいきなり「お前も好きに生きろ」と言われても困るわな(汗)
シンの動揺っぷりに胡葉も薄々何かを感じたっぽいけど、触れたらシンの心の傷を抉りそうだから、あえて黙ってた印象(出会った時の絶望していたシンを胡葉は見てるし)
でも、胡葉は今急速に自立心が高まってるから、そのうちシンもお役御免となっちゃうだろうし(ってか、ほとんどそうなってる事にシンも薄々気付いてる)、南金人達が暗躍し始めてるのもあって、そろそろ嫌でも罪と向き合う機会が訪れるんでしょうな。


ってなワケで、後宮潜入の為に胡葉は氾家の親戚として『氾葉』と言う偽名で試験を受け、科挙ほど難しくはないので、胡葉の知能なら当然楽勝。
だが、目立つわけにはいかないので3割は間違えろと言う話でしたが、間違え方が回答を1問ずつズラすと言う、ド素人を通り越して手抜き感満載の間違え方・・・(汗)
潜入調査官としては即刻クビレベルである。
案の定、諜報員の劉にバレるだけでなく、礼部でも噂になってるし(礼部のトップが揉み消したみたいだけど)
劉が梁にその事も含めた国の情勢を報告に行きますが、本人はめっちゃ重くて暗い空気をまとってます。
そんな眉間にしわ寄せまくった超暗い表情してると、幸せも逃げてくぞ。
まぁ、皇帝の色ボケ脳とか、宮廷のお家騒動とか、国の未来が心配になる様な事だらけだから仕方ないけど(汗)

ちなみに試験と言えば、前回胡葉が助けた藺も無事科挙の試験に合格したが、成績トップだった模様。すげぇ。
まぁ、本人は出世欲は皆無なうえ、妻と一緒に過ごす時間の方が大事なので、各尚からの引き抜きも断り続けているそうですが。
その事を聞いて、胡葉は「自分も負けてられないから頑張ろう!」とやる気アップ。
藺は本当に胡葉に良い影響を与えたな。


後宮への潜入当日、宮女は20歳以上の女性が対象なので、年齢詐称の為に化粧して髪を染めて大人っぽくなった胡葉に、素直に「綺麗」と誉める景雲に照れる胡葉と言う、何とも微笑ましい光景。
自分の気持ちに気付いたうえ、前回ノアに宣言したのもあって、覚悟を決めたせいか、もう意地を張るのはやめた模様(1人でいると自分の言動に恥ずかしさで悶絶しているが)
今までは胡葉の予想外の言動に景雲が振り回されてましたが、今度は胡葉が景雲の予想外の言動に動揺する図(笑)
でもこの2人、色々あったけど、今は信頼し合っているパートナーみたいな関係になってきましたな。
今回の潜入騒動で、流石にもう景雲の正体もバレそうだな(現時点ではいまだに気付いてないけど)

んで、後宮でも滅茶苦茶忙しい尚宮局女史(人事や経理の書記官)に任命されたわけですが、胡葉の記憶力や計算能力を持ってすれば楽勝なので、とっとと片付けて、あまった時間で王宮兵士の筋肉を拝む毎日。安定の胡葉。
そこで皇后の侍女で、事前に協力を取り付けた儷杏と言う女性と接触出来たわけですが、胡葉と同様に筋肉マニアだった。
同士って事で気が合い、早速仲良くなったわけですが、自分の理想の筋肉男子について熱く語るキモさ全開の2人。
自分は筋肉ある男性とかいると「すごい筋肉だなー。羨ましい」と思わず見ちゃうけど、流石にそんなキモイ事は考えた事なかったぞ(汗)
まぁ、気が合う同士に出会えたのは素直に良かったねって思うけど。
胡葉みたいなセクハラさえしなければ。
セクハラは駄目。絶対。



儷杏の手引きで無事皇后宮に入り、侍女達から話を聞く事が出来、胡葉の筋肉マニアな悪癖によって、事故とは言え、皇后と会う事も出来たが(協力者が同類の儷杏じゃなかったら雷が落ちてるわ)、皇后は胡葉の言動に思わず雨嘉を重ねる。
前に雨嘉が回想で出てきた時に、自分は「表情がコロコロ変わる妹キャラなところは何となく胡葉に似てる気がする」と言ったけど、やっぱ雰囲気が似てるんですな。
景雲が胡葉に惹かれたのも、無意識に母親と同じものを感じたからじゃないかと(子供は良くも悪くも親と似た人に惹かれる)

しかし、皇后は皇帝と滅茶苦茶仲が悪いらしく、別居婚+離婚寸前の夫婦並みに関係が冷え切っている模様。
胡葉が起こした騒ぎで偶然立ち寄った皇帝も、皇后の「二度とその面見せんじゃねぇ」と言わんばかりの威圧にビビる有様で、想像以上の仲の悪さに流石の胡葉もドン引き。
こんな感じ故に、蘆貴妃が後宮ででかい面していて、皇后の侍女達は蘆貴妃に苛ついていて、遭遇した日には皇后派VS蘆貴妃派の嫌味合戦が勃発。
蘆貴妃の皇后への態度とか、何か愛人が「彼ったら私の事をこんなに愛してくれてるのよ~。あなたは全然愛されてないんでしょ~?」と、正妻に勝利アピールしている様に見えるな(現実でもよくある光景らしく、場合によっちゃ愛人が正妻や子供がいる男の家に突撃してバラし、親戚一同をも巻き込んだ修羅場に発展して、慰謝料数百万円請求+離婚+仕事で信用失墜って展開も実際あるらしいので、心当たりがある方は今のうちに清算しといた方が身の為です)

挙句に『子供を産めない女に何の価値があるの?』と嘲笑しますが、少なくとも景雲や雨嘉にとっちゃ存在自体が子供を産めるかどうかよりも価値のある人だから。
現代なら差別発言として確実に周囲からフルボッコですが、家の繁栄を重要視する昔はそれが普通だったんでしょうな(汗)
でも、子供が出来ないのは女だけでなく、男側にも問題があるパターンもあるって聞くし、なのに子供が出来ないのは”全部”女のせいだと責められるのは理不尽過ぎるし、女側が問題だったとしても、本人だって好きでそうなったわけじゃないし、生まれつきの体質の問題とかもあるのに、責められる女性達は相当苦しいでしょうな。

皇后の方は「”皇太子の母”として自分も勤めを果たす」と『皇太子はお前の息子ではなく、うちの景雲だけどな』『所詮てめぇは皇帝にとっちゃ雨嘉よりも下だろうが』と言わんばかりのカウンター攻撃。
あまりにも露骨だから、嫌でも蘆貴妃のコンプレックスがわかるんでしょうな。
まぁ、本当に自分が1番愛されていて、自分の子供が皇位を継げると信じてるなら、あんなうざ絡みしてこないわな。
結局は自信がなくて不安だから、攻撃して安心しようとしてるんかと。

ってか、いつも思うんだけど、盧貴妃はあの皇帝のどこがいいのかと・・・(白目)
昔は知らんけど、少なくとも今出されてる情報だけを見ていると、現時点での皇帝は肩書以外に魅力なくね?(息子の景雲と游が、あの皇帝の遺伝子を受け継いでるのが信じ難いレベルで酷い)
まぁ、盧貴妃も皇帝だから媚び売ってるのであって、内心「うぜぇ」と思っててもおかしくないし、その肩書きがなければ見向きもしてないと思う。
ってか、多分蘆貴妃が見てるのは『皇帝にとって1番の女』『未来の皇帝の母』を手に入れる『自分』であって、ある意味皇帝の事は見ていない気が・・・。
游の事も本当に大事には思っているんだろうが、未来の皇帝の母と言う肩書を手に入れる野望の方がでかいから、結果的に游の気持ちは蔑ろにする形になってるんじゃないかと(汗)
最近は景雲が躍進しているから、余計に焦って游をせっつき、游も母親と兄の権力争いの板挟みと、家の人達が皆揃ってスパルタな状態にうんざりしてるみたいだし、幼少期に過ごした場所でぼーっとしてたのも、「あの頃に帰りたい」って思ってるからなんじゃ・・・。

でも、息子の游も雨嘉に似てる胡葉に惹かれてるっぽいから、それを知ったら「またあの女(雨嘉)に邪魔されるのか」と、蘆貴妃も胡葉に雨嘉を重ねて愛人の劣等感MAXで暗殺しようとする気が・・・。
最悪、皇帝まで胡葉に雨嘉を重ねて側室にしようとするとかありそうで怖い(汗)
ってか、男女問わず、こんだけ周囲の人間を虜にする雨嘉と言い、女性からの人気だけでなく、景雲からも信頼されてる時英と言い、柳の一族は魔性の人たらしの血でも流れてるんだろうか?(笑)
景雲の責任ある言動が周囲から信頼されているのも、雨嘉の遺伝子のおかげか?
それと、雨嘉に似てる胡葉は、内面は母親の麗月似で、麗月も皇帝の師である文洙と知り合いだし、雨嘉と同年代っぽいから、案外過去に雨嘉と麗月も会ってる可能性あったりして。
あと、いまだに出ていない第二皇子は、まさか既に死んでるとか言うオチ?


結局、直接診察させて貰えなかった為、胡葉は侍女達の情報から皇后の下血の原因は『痔』なんじゃないかと推察するが、実際は足の付け根に激痛を感じて苦しそうだったから、恐らく子宮の病気(婦人病)なんじゃないかね?(胡葉もそっちの可能性を薄々勘付いてるっぽいけど)
子宮の病気も、場合によっては手術して子宮を全摘出しなきゃいけなかったりするし(自分の知人にも何人か手術で子宮を全摘出した人がいるし、そのうちの1人は既婚者で子供がいない)
ってか、自分も数年前に子宮内膜症と言う病気が原因で腸閉塞になってしまい、激痛のあまりに救急車で運ばれて、そのまま入院する羽目になりましたからな(手術するレベルじゃなかったけど、子宮に嚢腫が出来てて今も悪化を防ぐ為に定期検診と投薬は欠かせない)
でもそうなると、ただでさえ皇后は自分の子供がいなくて不利な立場だから、益々立場が危うくなる気が・・・景雲がその分家族愛パワーで頑張って躍進するしかねぇ。


皇帝を歓迎せず、景雲をも遠ざけて、独りで病気に苦しむ皇后は、過去のトラウマである皇帝との性行為を思い出しますが・・・・この作品って18禁だったっけ?(汗)
いやまぁ、尚心と教祖の男色の描写もあったけど、まだお互い裸だが直接の描写はなかったし。
病気には性病とかもあるし(最近は梅毒の流行が酷いと聞く)、そういうのはお互いの責任問題もあるから、ちゃんと説明する為なんだろうけど、いきなり18禁描写にビビったわ。

んで、皇后は性行為が身体的に苦痛らしく、どうしても慣れなくて苦しそうな表情になってしまい、皇帝に「毎回辛そうな顔とか冷めるわー」って感じで呆れられる。
皇帝は妻を娼婦かなんかと勘違いしてませんかね?
皇后って元々あまり性行為には向いてない身体なのかね?(生まれ付き子宮内膜症を持つ人は性行為が身体的に苦痛な性交痛になる人が多いと聞く)
だとしても、あの発言は最低過ぎるし、絶対に言ってはいけない台詞だった。
ってか、完全にモラハラ発言だろ。
そもそも、どういう経緯で皇后になったんだろ?
家が決めた許嫁だったら仲悪くても仕方ないけど(それでも皇帝の発言は最低だが)、もし皇帝が見初めて皇后にしたんだったら、皇帝は外見が目当てで言い寄ったのに、性的欲望を満たさせてくれない女には手の平を返す最低最悪のクズ男って事になりますな。
どっちにしろ、あんな事言われたら、そりゃ皇帝への好感度が駄々下りして、二度と会いたくないって思うわ。

まぁ、女性は男性に比べると性行為が好きな人は多くないって聞くし(AVやエロ同人はあくまでファンタジーなので、実際の性行為とは(女の反応含めて)かけ離れているので、絶対参考にしてはいけないと散々言われている)、現実の夫婦でも出産と家事育児(勿論ワンオペ)でズタボロ状態なのに、自分の都合で性行為を求めてくる夫(性行為したい時だけ”お手伝い”(分担ではない)する)に、「家事育児もしないで人に母親の役割を押し付けといて、都合のいい時だけ女の役割を求めるんじゃねぇっ!(怒」とブチ切れる妻(最悪離婚)多いって聞くからな・・・(苦笑)

ってか、女性向けは育児がテーマの作品はよく見かけるけど、男性向けで育児がテーマの作品ってまったく見かけない気がする。
バトルやスポーツや職人修業がメインで、ついでに何かを育成するってのはよく見かけるけど、”育児””テーマ”の男の作者の男主人公の男性向け作品ってあるのか?
最初から思い付かないのか、思い付いても男性向けとしては需要なさそうだから企画の時点で没になるのか・・・。
何にせよ、これも男性が育児に無関心になりがちな理由の1つなんじゃないかね?(そして妻に愛想を尽かされ、子供にも嫌われて離婚される)

話が脱線してしまいましたが、もし子宮の病気だと皇后の命が危険なレベル。
どうやって皇后の診察に辿り着けるのか。


月華国奇医伝 10巻 感想

月華国奇医伝 10巻 感想

今回も胡葉とシンの過去の話と、前回肺が破れて運び込まれた男性の話。以下、ネタバレ。...

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する