FC2ブログ
プロフィール

あお

Author:あお
ゲーム好きだが、つっこみ気質な毒舌家で、厨二っぽいところがある残念な女。

基本的に遠慮なく言いたい放題言っているので、読むのは自己責任でお願いします。
こちらが荒らしと認定したコメントは削除させて頂く場合がありますので注意。

リンクはフリーです。
報告の義務もありませんので御自由にどうぞ。
但しアダルト、宗教サイトはご遠慮願います。

広告
オススメの本

愛しすぎる女たち
かなり実用的な心理学。
女性だけではなく男性にもオススメ。
自分の感想はこちら

シムズ4 プレイ日記 番外編

2018/09/15 18:10:58 | The Sims | コメント:-件

毎日秋バテがやばいです(汗)
関東は朝晩の気温差が半端ないから、それだけで体力が削られる・・・。
ちなみに沖縄は気温差があまりないせいか過ごしやすかったし、そのせいか風邪も流行りにくいのか風邪薬が関東に比べると300円も安かったけど(一瞬買って帰ろうか迷った貧乏性な自分)


今回のシムズ4はトンプソン家をプレイしてたら、長女フレイに関してちょっと笑ってしまった出来事があったので、その話。

正確に言うなら、長女と友人のカレブに関して笑ってしまった事なんですけどね。

まず早起きの長女フレイは朝から皆の朝食(確かマカロニチーズだったかな)を作って、お腹を空かせた次女イリスに食べさせる(テーブル椅子だと時々料理ひっくり返すんだよね、この子)

The Sims™ 4_20180811135236
んで学校へ行き、家に帰ると楽しさのゲージがヤバい状態だったので遊ばせ、夕方頃には睡眠ゲージが黄色になっていたので、さっさと宿題をやらせる。
すると長女は宿題を持って、次女イリスが居眠りしてるベッドに座って宿題を始める。

The Sims™ 4_20180811142534
母リディアも途中まで宿題を手伝いに来てくれて、二人で次女の寝顔を見ながら宿題。
でも暗い部屋でちゃんと文字読めるんだろうか?(汗)

The Sims™ 4_20180811142744
んで、宿題が終わった頃に次女も目を覚まし、長女の睡眠ゲージもやばくなってきたので、そろそろ長女は寝た方がいいかなと思ったら、友人の吸血鬼カレブから電話が掛かってくる。

The Sims™ 4_20180811142827
もう夜の9時で、女子高生が男の家に行くのもどうかと思うし、遊びの誘いだったら断るつもりでしたが、今の時間なら家に姉のリリスもいるだろうし、大事な話と言う事なので、了承してヴァトーレ家へ。

だがしかし、長女はヴァトーレ家に着くと、カレブに話しかけられるのすら待たず、眠いせいで即刻ベッドへ向かう(まったく操作してません)
それを見て、「そういや長女は報酬特質の『いつでも歓迎』を持ってたんだった(汗」と今更思い出す。
この特質は、よそ様の家でも冷蔵庫を漁ったり、風呂入ったり、ベッドで寝たり、我が家の様に振舞っても大丈夫と言う、ある意味とんでもない特質です。
なので眠気がヤバい長女は我が家と同じ様にベッドに向かってしまったんでしょうよ・・・。

カレブ「よく来てくれたね。・・・って、何か凄く眠そうだけど、大丈夫?(汗」
フレイ「(うとうと)・・・え?・・・あ、ごめん。朝早くから皆の朝食作ったり、妹の世話したり、さっきまで宿題やってたりで・・・凄く眠くて頭働かなくて・・・悪いんだけど仮眠取らせてもらっていい?」
カレブ「あ、うん。どうぞ」←夜眠いところを呼び出した罪悪感
フレイ「ありがと・・・うう、眠い・・・(汗」

せめてソファーで寝ろよと思い、操作しようとしたが、ソファーは一つしかないうえ、リリスが座っていて居眠りできない状態だった(以前にテレビを設置してたので観ていた模様)
そんなわけで、睡眠が黄色ゲージの長女はヴァトーレ家の寝室で居眠りを始める。
吸血鬼であるカレブは、ほとんど寝なくても大丈夫ですが、人間である長女は寝ないと倒れちゃうからね(汗)

The Sims™ 4_20180811143055
だが、吸血鬼(しかも男)の家で居眠りとか神経図太いにも程があるわ。
そしてカレブは、大事な話をするどころか、いきなり居眠り始める長女に「どうしよう・・・(汗」って感じで戸惑ったでしょうよ。

リリス「ヘタレ」
カレブ「言わないでくれ・・・(汗」

予想とは裏腹に居眠りを始めてしまった長女に「どうしたもんかなー」と思いあぐねてたら、10時半頃に母リディアから『もうすぐ門限の時間です。破ったら大変な事になりますよ』と言う電話が掛かってくる(長女の行動に動揺してスクショ撮り忘れた)
そういやDLC『Parent hood』のメッセージボードで、門限を11時に設定してたんだったと今更思い出し、「って、早く話聞いて帰らないとまずくね!?(汗」と焦った自分。

リディア『もうすぐ門限の11時よ!破ったら明日から一週間の食事をエンドウ豆オンリーの刑にしちゃうからね!
フレイ「そ、それは嫌!せめてサンドイッチに・・・!(汗」
リディア『駄目です!そもそも11時以降は高校生が出歩いていい時間じゃありません!(怒』

子供だけで夜遅くまで外出なんてさせた事なかったので、素で門限の事忘れてました(汗)
一度家族で出掛けて家に戻った時は門限を過ぎてしまった事があったんですが(家族で出掛けて門限も何もないと思うが)、責任感がとんでもない勢いでだだ下がりするんですよ。
なので余計に焦りました。
思い返してみれば、長女は高校イベントのテスト対策で、『一夜漬け』と『休んでから勉強』の二択で後者を選んだら、そのまま寝過ごして勉強し損ねたって事があったし、変なところで抜けてるんですよね・・・(母のマヌケを受け継いだのか?)

んで、長女が起きた事に気付いたカレブが寝室までやって来て、大事な話とやらをふってくる。

The Sims™ 4_201808111432362
暗くてわかりにくいですが、男の家の寝室で大事な話とか誤解を招きそうな光景だな(汗)
しかも、この時点でリリスは『アンデッドの眠り』と言う棺桶じゃないと眠れない弱点持ちになってたので、実質リリスの寝室はベッドを棺桶に入れ替えたもう一つの部屋で、この寝室とベッドはカレブ専用になっちゃってたし、色んな意味でヤバい。
いや、自分もまさかこんな状況になるなんて思いもしなかったんだよ。マジで(汗)
んで肝心の話の内容が・・・、

The Sims™ 4_201808111432361
あー、そういやカレブは人間を吸血鬼に変える『ヴァンパイア創造』の能力持ちだったな。
でも、この時点でカレブは『永遠の悲しみ』と言う、吸血鬼である事に悲観する弱点を持ってるのに、友人である長女を吸血鬼に変えようとするとか普通に酷いな。
あれか、仲間がいれば悲しみも和らぐだろうから巻き込むって言う依存的な考えか?
でも長女は普通に断ってそうなので、下の選択肢を選ぶ。
別に吸血鬼になりたいと思うほど人間の人生に不満感じてなさそうだし(子供時代はしょっちゅう『良き日々』と幸せモードになっていた)、吸血鬼になったら『スーパー幼児』の特質がつくほど大事に育ててくれた両親に申し訳ないとか思ってそうだし。
ってか、今はそれどころじゃねえ!

The Sims™ 4_201808111432363
暗くてわかりにくいですが、時間が!門限までの時間が!(汗)

カレブ「君も吸血鬼になって、僕達と永遠の時を生きないか?」
フレイ「ごめん無理!!」
カレブ「即答!?(汗」
フレイ「話は終わり!?じゃあもう帰っていい!?(汗」
カレブ「いや、もう少し考えて答えを・・・(汗」
フレイ「考えるまでもないし、早く帰らないと11時の門限過ぎちゃう!今、お母さんから電話があって『門限破ったら一週間の食事はエンドウ豆オンリーの刑』って言われたのよ!一週間エンドウ豆オンリーよ!?エンドウ豆オンリー!!(汗」
カレブ「そ、それは確かに嫌だ・・・(汗」←美食家
フレイ「でしょ!?だから今日はもう帰らないと!またね!」
カレブ「ちょっと待っ・・・!」
フレイ「うああ~!!走って帰らないと間に合わない~!!(汗」←超ダッシュ

ちなみにこの時、会話を強制的に打ち切り、『家に帰る』のコマンドじゃマジで間に合わないので、『ワールドの管理』でショートカットしました(笑)

カレブ「・・・・・・・・・・・・・・・(汗」←呆然
リリス「あの子の方が一枚も二枚も上手だったわね」

ショートカットしたおかげで、11時になるかならないかって辺りで家の玄関に滑り込む。

The Sims™ 4_20180811144303
『家に帰る』じゃ絶対間に合わなかったな(汗)

The Sims™ 4_201808111443032

フレイ「・・・た、ただいま・・・ぜぇ・・・ぜぇ・・・何とか一週間エンドウ豆からは逃れられた・・・(汗」
リディア「おかえり~、流石時間ピッタリね」
イリス「ねーたん、かえり~!」
リディア「でも、いくらカレブがお姉さんと二人暮らしだからって、男の人の家に外泊なんて駄目よ?」
オリヴァー「いやいや、この年頃なら男の家に一晩泊まるくらいアリだろ(笑」←遊びに来ていた『悪人』特質の人
ギャヴィン「オリヴァー、うちの娘に変な事を吹き込まないでもらおうか?(怒」
フレイ「そんなつもりじゃなかったんだけどね・・・眠いから今度こそ寝るよ。おやすみ~」
イリス「やすみ~!」

そのうちオリヴァーも吸血鬼化の誘いが来ると思うけどね・・・カレブ操作してた時友人になったし。


・・・とまぁ、カレブからの吸血鬼化の誘いを、居眠りで出鼻を挫き、門限で断った長女って話(苦笑)
これ、吸血鬼側はしつこく何度も吸血鬼化の質問をしてくるそうですが、門限でそれどころじゃなかった長女は二度目の質問を許さなかったと(操作したのは自分だけど)
マジで偶然決めた設定と偶然起こった時間が重なってこんな事が起こったんですよ。
正に『事実は小説より奇なり』だわ。
小学校に入学した翌日に隠れファンからラブレターもらったりと、長女はモテる方だとは思っていたけどさ・・・高校生になったら吸血鬼まで振り回すとかどんだけだよ。
まぁ、これは夜の9時過ぎに女子高生を呼び出したカレブも悪いわな。
トンプソン家では門限を夜の11時にしてますが、これでも門限としては一番遅い時間だし、7時とか9時に設定してたら呼び出す事すら無理だし。
吸血鬼として長年生きてきたから、常識も吸血鬼寄りなんだろうよ(汗)